事業案内Business

総合防水工事

シート防水(塩ビシート・ゴムシート)


塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける密着工法と、ディスクなどで固定していく工法。(単層防水のため工期が短いという事と、意匠性に優れ、いろんな用途に対応しやすく、耐久性も高い)

シート防水(塩ビシート工法)  シート防水(塩ビシート工法)  シート防水(塩ビシート工法)

アスファルト防水


自着のシートまたは、熱工法、溶融した改質アスファルトを接着材をして、アスファルトルーフィングを貼り合わせて防水層を作る工法。(長所は溶融した改質アスファルトを全面に張り付ける為、隙間が出来ず防水層としての信頼性が高い)

■熱工法


溶融した改質アスファルトを接着剤として、改質アスファルトルーフィングを貼りあわせて防水層を作る工法です。長所は溶融した改質アスファルトを全面に張り付ける為隙間が出来ず、防水層としての信頼性が高いことがあげられます。施工後すぐに硬化して防水性能を発揮します。

■トーチ工法


両面を改質アスファルトでコーティングした防水材をトーチバーナーであぶり、防水材を一部溶解させて施工する工法です。トーチ工法は、アスファルト防水熱工法で使用するアスファルト溶解釜等の大がかりな設備を必要とせず、さらに施工時の臭気、煙がほとんど出ないので近隣に対して不快感を与えません。また熱工法と比べて大幅なCO2削減が出来るので環境負荷が低いことも特徴です。施工者のメリットとしては、高温の溶融アスファルトを使用しないので火傷の危険性が低く、施工しやすい工法と言えます。

■常温工法


常温工法は人と環境に優しい工法です。熱工法・トーチ工法は火気を使う為、どうしてもCO2が発生してしまいますが、常温工法では施工にあたって火気を使わない為CO2が全く発生しません。火気を使わない特性上、臭い、煙が発生せず、近隣に対して不快感を与えません。また施工者にとっても火傷の危険がないなどのメリットもあります。この工法は火気を使えない箇所に適しています。

各種塗膜防水工法


液体状のウレタン樹脂、FRP樹脂を塗り、化学反応して硬化させ、防水層を作る工法。(複雑な形状の部位にも形成するので、継ぎ目がなく、平坦で美しい仕上がりが特徴)
塗膜防水工法(ウレタンゴム系・ゴムアスファルト系・FRP樹脂系 EVA樹脂系・アクリルゴム系・ポリマーセメント系)

塗膜防水工法(ウレタン樹脂、FRP樹脂)  塗膜防水工法(ウレタン樹脂、FRP樹脂)

各種シーリング工事

シーリング:外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間から雨水が浸入しないように、シーリング材という不定形材料を充填する工法。
注入:建物、コンクリート構造物のひび割れ部に、エポキシ樹脂を注入し地盤が崩れ落ちたり水がわき出るのを防ぐ工法。

外壁改修、タイル滑落防止工事、各種注入、止水工事

高圧注入工事・低圧注入工事・シールド内工事・ハツリ止水・シールドセグメント用水膨張性シール張り工事・導水工事

■外壁タイル滑落防止工事


外壁のタイルも長年立つと剥がれ落ちてきます。タイル剥落事故はビルオーナーやマンション管理組合が賠償責任を負うことになります。

各種シーリング・注入工事・止水工事  各種シーリング・注入工事・止水工事

■タイル固定工法


外壁改修は3層浮が基本になります。石、タイル、モルタルの浮きを、安定した強度で、外見は美しく維持できる剥落防止工法です。

特徴

1. 低振動・低騒音

無振動・低騒音のドリルを使用している為、施工作業中でも振動や騒音、かじり音などを低減することができます。
病院や公共施設、オフィスやマンションなど、日中でも作業時間を気にせずに工事をすることができます。

2. 強度が著しく高い

注入口付きのアンカーピンはステンレス加工のため、錆びにくいく、せん断・引き抜き強度が非常に高く両端固定で確実に陶片を押さえます。

3. クオリティーの高い美観

キャップ一体型のラージネックピンであるため、仕上がりがとても綺麗になります。施工後のピンニング部分をお確かめください。

■透明塗膜防水工法


既存タイルの意匠性を保持し、剥落を防止する、透明塗膜防水工法は特殊専用アンカーにてタイル・モルタル層を躯体に固定し、特殊な繊維により塗膜の強度を高め透明度の高いアクリル樹脂でタイル面を被覆することにより、既存タイルの意匠性を保持し、剥落を防止する工法です。

特徴

1. アンカーピン

専用のアンカーピンがモルタル層と躯体にしっかりと連結することにより、モルタル層からの剥落を阻止します。

2. 特殊繊維の強化

2重、3重に塗布された特殊繊維のアクリル樹脂の強化によりタイル上で一体膜となり、タイルの剥落を阻止します。

3. トップコート

被覆効果の高い有機系材料を使用する為に注目となるのが、表面の光沢感になります。透明塗膜防水工法では艶度合いの異なる3種類のトップコートを用意することで、既存のタイルに近い質感を生み出すことが出来ます。

■カーボピンネット工法


ボンド カーボピンネット工法は、外壁タイル・モルタルのはく落を防止し、補強するシステムです。繊維ネットとカーボンファイバー含有ポリマーセメントで壁面を一体化し、さらにステンレスアンカーピンで躯体に強固に固定することで、新規仕上げとして各種塗装はもちろんタイル貼りも可能な下地を提供します。

■塗装仕上げ
塗装仕上げ
■タイル貼り仕上げ
タイル貼り仕上げ

塗床工事

一般工場の塗床は、今や美観性の追求のみならず、製品保護・コンクリート(下地)保護・安全対策・衛生といった非常に大切な役割を担っていると言えます。

屋上、外壁リフォーム工事

雨漏りの原因は、屋上の排水が詰まり、水がたまってしまったり、屋上や外壁は、強い日差しにさらされて、劣化の激しい場所のため細かいヒビが入ったり、防水材がはげたなどさまざまな原因が考えられます。
最上階の天井や壁のクロスがぬれて気づくことが多いですが、屋内で発見された時には、建物の構造がだいぶいたんでしまっている可能性があります。
放置しておくと木材が腐ったり、鉄材はさびたりと建物の劣化が進み、安全性も落ちてきますので早めの対応が必要です。

外壁調査、浸水調査

有資格者による現地調査を行い、外壁の健康状態を正確に診断致します。

  ■サッシ調査・診断
   安全性、漏水有無、開閉操作、気密性、部材劣化状態
  ■建物外壁調査・診断
   タイル・コンクリート壁の剥離・ヒビ割れ有無、シーリング材の状態
   既存コンクリート強度測定、金物取付状態(手すり など)

塗装工事

塗装工事は、それぞれ役割(機能)を持った樹脂層(塗料)をコーティング(塗り重ねて、膜を作る)する工事です。 各層は決められた膜厚を満たさないと、期待した年数より早く劣化が始まり 、長持ちしません。 住宅の外壁塗装工事(塗り替え)の工程は、高圧洗浄機で外壁を洗い、必要であれば補修工事を行います。次に、旧塗膜にプライマ-(新旧の樹脂層を密着させる目的で、接着剤のようなもの)を塗り、その上に、トップコート(仕上げ用塗料)を2回塗りするのが一般的です。

左官工事

壁や床、土塀などを鏝(こて)を使って塗り仕上げる工事を左官工事といいます。 施工内容はモルタル塗りや日本壁塗り、打ちっ放しコンクリートの補修など多岐に渡ります。新しく建てた家や塀、傷ついた壁面の補修などにおいて、最終的な表面仕上げの塗り工事となります。